うつ病と言う精神疾患でも障害年金の支給が可能です

年金がもらえる病気

悩む男性

年齢に関係なく支給

年金が支給される人は、65歳を超えた人たちと考えるのがごく普通の人たちと思われますが、これは老齢基礎年金と言われるものになり、保険料を納めて来た人に支給される算段になっています。しかし年金の種類はこれだけでなく、障害基礎年金や遺族基礎年金があります。老齢年金の趣旨は、高齢になり働くことが出来なくなった時の生活保障として支給されるものになります。うつ年金と言われる障害年金は年齢に関係なく保険料を納めている人が対象になるもので、病気やケガなどから障害状態になってしまった時の保障として支給されることになります。そして遺族年金は残された遺族の生活保障に使われる役目を担うものとなっています。障害年金の特殊性は、65歳前に障害になることで仕事に支障が出た人に支払われる年金と言うことです。病状は多岐に障害年金で受け取ることができる金額は、それぞれの種類によって金額が異なりますが、うつ年金になる精神疾患から呼吸器疾患や循環器疾患、糖尿病からその他の病気など幅広く認められているものです。

うつ病とはストレスを多く感じてしまうなどの心因的な要素が原因となり、気分が落ち込んでしまうとか仕事に対する気力が起こらないと言った症状を見せる病気です。仕事場へ行くことも出来ないことから生活に不安を抱えることも多く、うつ病にかかった人のためにうつ年金の支給がなされるまでになっています。うつ病と認定されることが最低限必要になり、病院から病気であると言う証明してもらうことになります。その前提になることが初診日要件と保険料納付要件を満たすことです。これはうつ年金に限らず、どの傷病においても同じことが必要になります。障害の原因になった初診日が国民年金保険の被保険者期間であることや、初診日の月の前々月までは保険料が納付されており、その期間が決められた期間以上納められていることが条件となります。ごく普通に保険料を納付している人には、全く問題はないと考えて良いでしょう。もらえることになるうつ年金ですが、障害の状況に応じて級が定められます。重い患者さんが1級となり、軽くなることで2級・3級となります。これらは国のガイドラインに沿って決められるもので、診断書から判断されることになります。

症状が重いと受給できる

紙幣 うつ病は脳の病気なので、症状が悪化すると日常生活に支障をきたしてしまいます。長期の入院が必要だったり、福祉サービスを利用している場合は、うつ年金が受給できる可能性があります。まずは無料相談を利用してみると良いでしょう。

詳しく見る

うつ病で年金をもらおう

男性とお金 うつ年金をもらうには、親身になって相談に乗ってくれて、適切な診断書を書いてくれるドクターがいる施設を選ばなければいけません。また、申請の難易度はかなり高いので、うつ年金に詳しい社労士のサポートを受けることも考えましょう。

詳しく見る

うつ病と年金

小銭 うつになってうつ年金(障害年金)をもらうための条件は二つあり、それを満たすことが必要です。等級の判断には、診断書が大きな役割を果たすので、医者とのコミュニケーションを大切に。複雑な手続きについては、専門家の助けをかりましょう。

詳しく見る

うつ病で働けなくなったら

悩む女性 うつ病は誰にでも起こりうる病気です。適切な治療を行えば完治も可能ですが、ひとつ対応を誤ると日常生活さえ困難になってしまう場合があります。そんなピンチを救ってくれるのがうつ年金です。うつ年金は病気時の生活を支えてくれる障害年金です。

詳しく見る

障害年金申請

悩む男性 うつ病治療の際の金銭的なサポートをうつ年金で受けることができます。申請に際しては提出しなければならない書類も多く、費用もかかります。このうつ年金は、働きながら受給をしたり、社会復帰を目指したりする上での補助的機能を果たします。

詳しく見る

人気記事

紙幣

症状が重いと受給できる

うつ病は脳の病気なので、症状が悪化すると日常生活に支障をきたしてしまいます。長期の入院が必要だったり、福祉サービスを利用している場合は、うつ年金が受給できる可能性があります。まずは無料相談を利用してみると良いでしょう。
男性とお金

うつ病で年金をもらおう

うつ年金をもらうには、親身になって相談に乗ってくれて、適切な診断書を書いてくれるドクターがいる施設を選ばなければいけません。また、申請の難易度はかなり高いので、うつ年金に詳しい社労士のサポートを受けることも考えましょう。
小銭

うつ病と年金

うつになってうつ年金(障害年金)をもらうための条件は二つあり、それを満たすことが必要です。等級の判断には、診断書が大きな役割を果たすので、医者とのコミュニケーションを大切に。複雑な手続きについては、専門家の助けをかりましょう。