うつ病と言う精神疾患でも障害年金の支給が可能です

うつ病と年金

小銭

うつ病になったら年金はどうなるか調査した

うつ病になり、障害年金を受給したい場合、いわゆる「うつ年金」をもらうためには、二つの条件があります。一つは、「初診日要件」です。初診の日が、国民年金に加入中、もしくは厚生年金に加入中であることです。二つ目は、「保険料納付要件」です。これは、初診日までに、保険料納付期間の3分の2以上の期間で、保険料が払われていないといけないということです。また、直近の1年間に保険料の滞納があると、うつ年金は受給できません。この二つの条件は、うつ病に限らず、障害年金を受給するためには必須です。その上で、障害の程度に応じて、1級から3級に分かれます。重い方から1級です。3級は厚生年金加入の方のみ対象です。国民年金の方は1級か2級にならないと、うつ年金は受給できません。また、等級によって、受給金額が変わります。1級は、常時の支援が必要な状態。2級は、「日常生活が著しい制限を受ける状態」と定義づけられています。等級判定には、「精神の障害用」の診断書が使用されます。診断書に等級の目安の記載がありますので、ガイドラインとして使われるようです。

うつ年金を受給するために気をつけることは、二つあります。一つは、初診日をきちんと調べること。曖昧であると、受給資格があるかどうか、わからなくなります。二つ目は、自分の状態をきちんと診断書に反映してもらうことです。日常生活の程度が大きな等級の判断基準となりますので、今の状態をそのままに、医者に伝えることが大切です。無理して、今できていないことをできていると話す必要はありません。今の生活をきちんと伝えていきましょう。すべてを自分で申請するのは大変なので、公的機関や、地域の相談窓口を活用することは大切です。ただでさえ、うつ病の時は、精神的に負担が大きい時に、複雑な申請を一人で行うのではなく、うつ年金受給のために、専門家を適宜頼っていきましょう。また、現在働いていても、うつ年金受給の対象となるケースもあります。ただ、働いていると、等級の判断の中で、日常生活に支障をきたさないと判断されてしまう場合もありますので、仕事の内容や、程度など、専門家に伝えて助言をもらうようにしてください。一人で抱え込まないように注意しましょう。