うつ病と言う精神疾患でも障害年金の支給が可能です

うつ病で年金をもらおう

男性とお金

うつ病でもらえる年金は障害年金

うつ年金と聞いて、そのような言葉は今まで耳にしたことがないという方も多いでしょう。それは同然のことで、うつ年金ではなく、実際は『うつ病を患っている方がもらえる障害年金』になります。うつ病かもしれないと悩んでいるのなら、将来に障害年金をもらえる可能性があるのです。もしも、うつ病で障害年金が欲しいと考えているのなら、まずは診断を受けるクリニックを決めましょう。うつ年金をもらうためには、診断書が大切になるのですが、中身はドクター次第なのが問題です。つまり、適当な治療をするドクターに当たってしまうと、その方に書いてもらう診断書も適当になってしまいます。適当な診断書では、うつ年金をもらう許可がでない可能性が高いので、そのようなクリニックに通うのはやめましょう。完璧な診断書を用意したいと考えるなら、親身になって相談に載ってくれて、うつ年金のことも一緒に考えてくれるドクターを探す必要があります。個人で行っているメンタルクリニックならば、施設全体ではなくドクター自身の評判が分かりやすいので調べてみましょう。

治療が終わっても返す必要がまったくないうつ年金は、受給するための条件がとても厳しいことで有名です。しかも、手続きが嫌がらせかと思えるくらい面倒なので、うつ病の症状で苦しんでいる方は完了させられないかもしれません。少し調べてみれば、申請が嫌になる情報がたくさんでてくるので、開始する前に諦めてしまう方もいるでしょう。諦めようと考えるなら、可能性を捨てるのはもったいないので、とりあえずでも地元の社労士の話を聞くことをおすすめします。社労士は社会保険の専門家なので、当然のことながら障害年金にも詳しいです。したがって、うつ年金を受給したいのなら、社労士のアドバイスを受けて手続きをすれば、アッサリと申請が通るかもしれません。なお、うつ病の症状による不安感のせいで手続きをするのが困難な状況なら、すべてを社労士にサポートしてもらうとよいでしょう。社労士がいったことに対してアクションを起こすだけなので、余計なことを考えずに済むため、不安を感じずにうつ年金の手続きができます。