うつ病と言う精神疾患でも障害年金の支給が可能です

障害年金申請

悩む男性

年金の特徴と申請に必要な書類

気分が優れない期間が長く、仕事も失敗ばかりで手につかなくなり、病院にかかったところうつ病と診断されるという人は少なくないです。このような状況の場合、生活に支障をきたしている状態であるので、申請すればうつ年金を受給できる場合があります。日本の福祉制度は先進国の中でもトップクラスで、障害者団体による長年の働きかけによって精神障害にも適応される様になりました。うつ年金を申請するに当たっては、医師の診断書、病歴と就労状況等申立書、並びに初診証明が必要になります。そのなかでも、医師の診断書にかかる費用が多少高額になります。障害年金の支給を決める組織が厚生労働省ということもあり、政府機関に出す正式な書類ということになるので、それだけ費用が高く設定されているのです。これは不正な申請を防ぐことを目的としており、権利のある人がきちんとその権利を受けるために確立された制度となっているのです。うつ年金の申請から認定までは数ヶ月から半年程度かかり、入念な審査が行われています。

日本社会はストレス社会と言われるほど精神的なストレスを抱え、精神を壊してしまう人が多い社会です。そのため、長年の医師団体や障害者団体の働きかけによって、精神障害に対する補償制度も充実してきています。その結果、うつ病と認定されれば、うつ年金を受け取ることができるのです。うつ年金の特徴は、仕事をしながら受け取ることができる障害年金の一種です。そのため、病気の治療をしながら社会復帰を目指したり、病気の治療費を受けながら働くことができる優れた制度だということがわかります。障害基礎年金に対する認知が高まるにつれて、今までその存在を知らなかった人でも申請をして受給資格が認められるようになりました。障害基礎年金は多少手続きが煩雑ではありますが、受給者として認められれば、うつ病治療における金銭的な補助を受けることができます。日本全国にうつ病に悩む患者は多いので、積極的に活用していきたい制度です。うつ年金の申請に当たっては、まずは主治医に相談することをおすすめします。