うつ病と言う精神疾患でも障害年金の支給が可能です

症状が重いと受給できる

紙幣

一定の審査基準を満たしている必要がある

うつ病は脳の病気なので、症状が悪化すると、家事や仕事などに支障をきたすようになります。掃除や洗濯、食事の準備などが出来なくなり、常に人の介助が必要になることもあります。うつ病の症状は個人差がありますが、日本年金機構の一定の基準を満たしている場合は、うつ年金を受給することが出来ます。障害年金を受給するためには、煩雑は手続きが必要なので、無料相談などを利用するのもお勧めです。うつ年金は一番症状が重い状態は一級、家事はこなすことが出来るけれど、うつの症状が原因で就労が難しい場合は2級になることが多いです。障害年金3級は、一番症状が軽いですが、就労する時間や職種などに制限がある時です。うつ年金は申請すると受給できるのではなく、一定の審査基準を満たしている必要があります。うつ年金を受給することで、経済的な負担を減らすことが出来ます。申請をするためには、医師の診断書や就労状況等申告書などが必要です。初めて受診をした時に、国民年金や厚生年金の保険料を納めていることが条件になります。

精神科の病院やクリニックを初めて、受診をした時に保険料を納めていないと、症状が重くても受給をすることは出来ません。うつ病は現代は増加傾向にあるので、うつ年金を受給できるか不安を感じている人がほとんどです。うつの症状がなかなか改善されず、長期間の入院が必要だったり、福祉サービスを利用している人が増えています。身の回りの衛生を保つのが難しかったり、金銭の管理が出来ないので、退院をするのが難しい人も存在します。うつ年金を受給するためには、通院期間や服用している薬の量や内容、入院期間なども審査の対象になります。初診時はうつの症状が重かった人も、治療を受けることで改善した人もあります。障害年金を受給できるのは、1級と2級になりますが、3級の場合は障害者手帳を発行してもらうことが出来ます。うつ病は良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気なので、治療期間が長引く可能性があります。障害年金を受給できると、経済的な不安を軽減することが出来るので、一度相談をしてみると良いでしょう。